ブログトップ

ひろ窯ブログ

hiroagam.exblog.jp

桃釉彫放射文大皿に牡蠣といかのフライを

冷凍庫に牡蠣といかがあったので、◎今夜のメインは牡蠣といかのフライです。本やネットの情報で知った50℃解凍の方法で、50℃くらいの湯に3~5分漬けてから、牡蠣は塩水で洗い、いかは内臓を抜いてから、輪切りにしました。小麦粉、卵、パン粉をつけて揚げました。小麦粉はストックバッグに入れてまぶしました。ほかにも◎かぼちゃは皮をよく洗って8センチ厚さに切ってゆっくり素揚げにし、塩少々を振りました。じゃがいももよく洗い、皮ごと6つくらいの櫛形に切って素揚げして塩少々を振りました。レタスを敷いた大皿に盛り合わせました。◎スーパーで買ったたくあんを切って器に盛りました。◎冷凍の枝豆もさっと茹でて、器に盛りました。◎買い置きしてあった「ふかひれスープの素」に卵を加えてスープも作りました。どれもおいしかったです。ごちそうさまでした。揚げ物をたくさん作ったので、モンコゾさん宅にお裾分けしました。50℃洗いした野菜など:牡蠣、いか、かぼちゃ、じゃがいもです。参照した本:「70℃蒸しで体が変わる!=主婦の友社」
b0193068_21491655.jpg

b0193068_21493533.jpg器は桃釉彫放射文大皿です。

b0193068_21505864.jpg器は右から時計回りに志野染付窓絵草文浅鉢、白瓷内刻文中碗、染付蛸唐草文木瓜鉢です。

このページを気に入っていただけたら
下のバナーをクリックしてください。
にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
にほんブログ村
[PR]
by hirogama | 2013-03-15 22:00 | ひろ窯の食卓
<< 「親鸞、仏教を歩く」改訂版と、... 桃釉彫放射文大碗にねぎとろユッケ丼を >>